Manual | AmpiTa (Software) | AmpiTa Project

 AmpiTaの取扱い方法をご案内します。


マニュアル(一般ユーザー)

一般ユーザー向け
 ├ 情報登録画面(入力フォーム)を開く
 └ 安否等情報を登録


マニュアル(オペレーター)

オペレーター向け
 ├ 起動
 ├ 受信(新規)
 ├ 受信(差分)
 ├ メールサーバデータ削除
 ├ 絞込・検索:ワード
 ├ 絞込・検索:期間
   ├ 今日だけ
 ├ 全件表示
 ├ 指定項目集約(Sort)
 ├ 名簿突合点検
 ├ 簡易集計
 ├ 入力代行
 ├ LINE・eMail 一斉送信
   ├ 共通機能
   ├ LINE
   ├ 電子メール


マニュアル(管理者)

管理者向け
 ├ インストール
   ├ 複製
 ├ 起動
 ├ メイン画面(起動直後)
 ├ メールアカウントの設定
 ├ LINE(トークン事前設定)
 ├ 安否確認対象者向け登録フォーム
 ├ 登録フォーム自動生成
 ├ 個人専用登録フォーム手前ページ自動生成
 ├ ウェブファイルのアップロード FTP転送ソフト
 ├ ウェブファイルのアップロード AmpiTa搭載機能
 ├ ウェブファイルのアップロード レンタルサーバ標準
 ├ 災害モードウェブサイト生成
 ├ 災害モードウェブサイトサンプル
 ├ 登録フォームサンプル
 ├ 仕様
   ├ 動作環境(一般ユーザー・安否確認対象者)
   ├ 動作環境(管理者・AmpiTa.exe)
   ├ ウェブサーバ
   ├ メールサーバ
 ├ 利用規約(EULA)




情報登録画面(入力フォーム)を開く

 AmpiTaの情報登録画面(入力フォーム)はウェブサイトにあります。

 ウエブサイトのウェブページ(ホームページ)を閲覧するためにはウェブブラウザが必要になります。
 よく使われるウェブブラウザには以下のようなものがあります。

 ウェブブラウザでウェブページを開くためには、URLという番地を入力する必要があります。
 例えば『https://www.ampita.jp』のようなものがURLです。
 あなたが連絡すべきURLについては、管理者にお問い合わせください。

 URLが既知である場合、そのウェブページを開く方法が4つあります。

 1つ目は、URLを1文字ずつ手入力する方法です。面倒ですし入力ミスも起こります。
 2つ目はリンクをクリックする方法です。例えば『https://www.ampita.jp』の括弧内のURLはリンクになっていますのでクリック(タッチ)するだけで対象のページが開きます。
 3つ目はブックマークを開く方法です。初回は何らかの方法でウェブページを開く必要がありますが、開いたときにブックマーク登録しておけば、あとでブックマークから選択して開くことができます。
 4つ目は二次元コードを使う方法です。下図のようなものをスマートフォンのカメラで撮影することで対象のページを開くことができます。




安否等情報を登録

 登録用ページは自由に制作できるため、サンプルどおりの画面であるとは限りません。例として示します。

 わかりやすく見出しが付けられていると思いますので、それに従って入力すれば良いです。

 例えば『氏名』と書かれたテキストボックスがあれば、その枠内に氏名を入力します。
 例示した画像には『(*)』が書かれていますが、これは必須入力であることを示しています。見出しの文字色が異なっていることも目印でありますが、この項目は未入力のまま送信しようとしてもエラーが返されます。

 例図の『安否(*)』はラジオボタンと呼ばれる、1つだけ選択できる入力欄になっています。
 この場合は、どれか1つだけ選びます。
 通常は選べないということがないように、管理者が適当な選択肢を与えていると思います。


 最後に送信ボタン(Send)を押すと、メッセージが送信されます。

 送信が成功した場合、下図のように『送信完了』の表示が出ます。


 送信に失敗した場合は、赤文字でエラー部分が示されます。


 パソコンのウェブブラウザを使用した場合も内容に大きな違いはありません。










起動

 インターネットに接続された状態で AmpiTa.exe をダブルクリックして起動します。

 最初はまっさらな画面が表示されます。




受信(新規)

 はじめて起動した場合、AmpiTaには過去のメールデータがありませんので、受信するデータはすべて初めてとなります。

 受信方法には全件取得と差分取得がありますが、初回に限ってはどちらで実行しても結果は同じです。




受信(差分)

 輻輳状態で細々とした通信回線の中で、毎回全件受信することは大変です。

 そこでAmpiTaでは差分受信機能を設けています。

 既にAmpiTaに受信済のメッセージは受信せず、新しいものだけを取得します。

 メッセージにはメールサーバで管理するためのユニークなIDが付与されているため、それを照会しています。メールサーバがIDを付け替えない限り、重複受信はしません。




メールサーバデータ削除

 この作業は不可逆的です。慎重に行ってください。

 メールの削除はメイン画面ではできません。
 基本設定画面に遷移してください。

 基本設定画面でも、ただちにメールを削除する機能は動作しません。


 画面上方にある『全件削除』ボタンを押すと、ドロップダウンメニューに削除項目が現れます。

 この処理を実行すると全件削除ボタンは使えないようになります。


 ドロップダウンメニューからサーバデータ抹消を選択して実行すると1回だけ確認メッセージが出てきます。

 そこで『はい(Y)』を選んだあとは不可逆的です。メールサーバからメッセージは全件抹消されクリアな状態になります。

メールサーバにあるメールを全て削除します。この作業は不可逆的です。データの真正性を保つためリカバリ機能は存在しません。
削除を実行しても良いですか?

真正性とは?

 医療情報には『電子カルテの三原則』があります。
 すなわち、『真正性』『保存性』『見読性』の三原則です。

 本システムは医療情報ではありませんが、医療機関でも使われるため電子カルテの三原則を意識しています。

 真正性とは、その情報が真に正しいことを担保する仕組みがあるのかを問うています。
 容易に改ざんできては真正性は保てません。一方で誤った情報を編集する必要もあると思います。
 AmpiTaでは、データベースにメールサーバを使用することで基本的には改ざんはできないと考えています。誤った情報を登録してしまった場合は新しい情報を登録する以外に手段を用意していません。新たに登録があれば、新旧両方の情報が残るので、現場では最新情報を使うとしても、ある時点でどのような情報があったのかというアーカイビングはできます。




絞込・検索:ワード

 検索対象の項目を指定して、特定ワードで絞り込むことができます。

AmpiTaメイン画面・メインメニュー

 一覧表にデータがある状態のとき、検索対象項目の選択が可能になります。

 検索ワード欄にはキーワードを入れます。

 右側にある検索ボタンを押す事で絞込・検索が実行されます。




表示期間(受信期間)

 一覧表に表示されるデータの期間を指定できます。

AmpiTaメイン画面・メインメニュー

 始まりの日だけを指定、終わりの日だけを指定することができます。
 両方指定することもできます。




今日だけ

 上記の期間指定のショートカット機能として今日だけ表示というボタンがあります。

 非常事態が起きている際に、過去データはあまり必要がないと思いますので、今日だけに絞れます。




全件表示

 いわゆる『リセットボタン』です。

 一覧表を元に戻すための機能です。


 このボタンを押すと、一覧表は最後に受信した際の全件表示に戻ります。

 結果は件数表示窓でご確認ください。 




指定項目集約(Sort)

 表示中の一覧表の項目を1つ選択して、その項目にある重複データを隠す機能です。

 例えば職員IDでソートした場合、1つのIDに対して1つだけデータが表示されます。
 その際、最新情報を表示するため、古い情報を見ずに新しい情報だけで管理することができます。




名簿突合点検

 用意したCSVファイルの名簿とAmpiTaの一覧表を突合点検することができます。

 突合点検の結果はCSVファイルで出力されます。




簡易集計

 全項目を簡易的に集計してCSVファイルを出力します。

 集計方法は出現回数、ヒストグラムです。




入力代行

 入力ができない人の分を事務局(オペレーター)が代理入力するための機能です。

 例えば勤務中の医療従事者は、災害等が発生すれば自らのアリバイ確認よりも目の前の患者を優先します。
 その勤務者に代わって事務局で入力代行ができます。

 方法は2つあります。
 1つは、1人ずつ手入力する方法です。
 もう1つは、名簿を流し込み、多人数同時入力する方法です。




LINE・eMail 一斉送信

 無料通話アプリ『LINE』や電子メールを対象者に一斉送信する機能があります。

 これは安否確認等の情報を直接流すものではなく、同報送信のようなアナウンスするためのツールです。


共通機能

 本文入力欄に送信したい文章を入力します。

 LINEであればメッセージ本文、電子メールであればメッセージBodyに充てられます。


LINE

 LINE機能を使うためには、予め LINE Notify の準備が必要です。設定方法はこちらをご参照ください。

 トークンの設定が済んでいる場合、本文入力後にLINE送信ボタンを押す事で自動的にLINEのグループにメッセージが送られます。

 AmpiTaにはLINE受信機能はないため、別途LINEの受信手段を構築してください。

【参考】LINE(トークン事前設定)


電子メール

 電子メールは送信先を取り込んで送信します。
 CSVファイルの名簿を参照しますが、左から何列目にメールアドレスが書かれているのかを指定します。AmpiTaではその列以外は読み取りません。
 CSVファイルで指定したアドレスに対し送信します。


受信したメール(Thunderbird)










インストール

 AmpiTaはインストール不要です。

 入手したAmpiTaのファイル群をパソコンのハードディスクやUSBフラッシュメモリなど、書換可能な記憶媒体に保存することで使用できます。

 CD-Rの上でも動作はしますが、データの書込・書換ができないためエラーになります。


複製

 ライセンス範囲内での複製は認められています。

 AmpiTaの設定が完全複製されている場合、同一組織内で何本でも複製することができます。
 例えば、事業所内のすべてのパソコンに複製しておき、非常時にいずれのパソコンであっても対応できる備蓄体制をとることができます。貸倉庫や車両内にUSBメモリを保管して置く場合でも、同一組織の管理下にあれば複製が認められます。

 設定が異なる場合、複製にはなりません。別途ライセンスの購入が必要です。
 組織が異なる場合、複製にはなりません。別途ライセンスの購入が必要です。




起動

 AmpiTaの起動は『AmpiTa.exe』というファイルをダブルクリックです。

 パソコンの設定により見え方は色々と変わりますが、概ね下図のようなアイコンとファイル名が表示されていると思います。

 無償版(試用版)では『AmpiTa-Trial.exe』というファイルを起動させます。




メイン画面(起動直後)

 起動するとメイン画面が表示されます。

 起動中にライセンス確認が行われるため、数秒の待ち時間が発生する場合があります。
 無償版(試用版)では個別処理が発生するため起動に数十秒を要する場合があります。

 起動後の画面はデータがありません。
 画面左上にメニュー選択のためのドロップダウンリストがあります。そこから目的の機能を選択して機能ボタンを押す事で実行されます。




メールアカウントの設定

 AmpiTaのデータベースはメールサーバです。

 最初にメールアカウントの設定が必要です。
 設定内容は暗号化され、保持することができます。

 メイン画面の左上にあるメニューから『基本設定』を選択して実行すると、メールアカウント設定画面が開きます。


 画面の上段には受信設定があります。ここが最重要項目となりますので最初に設定します。

 メールアカウント名、ポート番号、認証ユーザー名、パスワードを入力します。

 入力後に右上の受信試験を押すと、メールサーバーに接続を試みて受信状態を確認します。成否は画面下方のメッセージ欄に表示されます。


 同様に送信設定を行います。

 この設定はAmpiTaの負荷試験などに用いられますので、必須項目ではありません。未設定でもある程度の機能は動作します。


 下段にある送信元と宛先については認証不要です。

 送信元は滅多に目に触れることはありません。
 基本的にはAmpiTaで処理するので送信元のアドレスがどうであるかを観察する必要がありません。

 宛先についても通常の安否確認作業では使う事がありません。




LINE(トークン事前設定)

 LINE機能を使うためには、予め LINE Notify の準備が必要です。

 LINE Notify から提供されたトークン(Token)をAmpiTaの画面から登録します。

 トークンの登録は一方的となり、編集はできません。編集が必要な場合は上書きするか削除してください。内容の確認もできません。トークンは暗号化されて保存されますが、それを閲覧する機能はありません。

【参考】LINE: LINE Notify




安否確認対象者向け登録フォーム

 登録フォームは書式が決まっています。

 フォーム自体が決まっているというよりは、送信されるメールの書式が決まっています。


 コードで入力すると下記のようなものになります。これは上記のスマホ画面のソースコードの一部です。だいたい半分くらいのコードを示しています。
 これ以外にも複数のファイルが組み合わさって機能しますので、制作には相応の手間がかかります。

 ソースコード生成をサポートする機能がAmpiTaには備わっています。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<meta name="viewport" content="width = device-width, initial-scale = 1">
<meta http-equiv="X - UA - Compatible" content="IE = edge">
<meta name="robots" content="noindex">
<title>
安否確認 | AmpiTa
</title>
</head>
<body>
<h2>安否確認 [AmpiTa]</h2>
<?php if (filter_input(INPUT_GET, 'result') ): ?>
<h4>送信完了!</h4>
<p>送信完了いたしました。</p>
<p><?php echo date("Y/m/d H:i:s"); ?>(送信日時)</p>
<hr><?php elseif (isset($result) && !$result ): ?>
<font color="red"><h3>- 送信失敗 -</h3></font>
<p>申し訳ございませんが、送信に失敗しました。</p>
<p>サーバーが混雑している可能性があります。しばらくしてからもう一度お試し願います。</p>
<hr>
<?php endif; ?><font color="red">
<?php 
if ( isset( $error['name'] ) )     echo '<b><hr>'.h( $error['name'] ).'<hr></b>'; 
if ( isset( $error['come'] ) )     echo '<b><hr>'.h( $error['come'] ).'<hr><hr></b>'; 
if ( isset( $error['dept'] ) )     echo '<b><hr>'.h( $error['dept'] ).'<hr></b>'; 
if ( isset( $error['Staff_ID'] ) ) echo '<b><hr>'.h( $error['Staff_ID'] ).'<hr></b>'; 
if ( isset( $error['tel'] ) )      echo '<b><hr>'.h( $error['tel'] ).'<hr></b>'; 
if ( isset( $error['email'] ) )    echo '<b><hr>'.h( $error['email'] ).'<hr></b>'; 
if ( isset( $error['address'] ) )  echo '<b><hr>'.h( $error['address'] ).'<hr></b>'; 
if ( isset( $error['body'] ) )     echo '<b><hr>'.h( $error['body'] ).'<hr></b>'; 
?>
</font>
<p>
以下フォームでご連絡ください。必須入力項目には『(*)』印が付いています。
</p>
<form id="form" method="post">
<table border='0'  cellpadding='6'  align="left" witdh="100%">
<tr><td align="left" valign="top"><font color="blue">氏名(*)</font></td><td align="left" valign="top"><input type="text" id="name" name="name" placeholder="【必須入力】氏名" value="<?php echo h($name); ?>" style="width: 100%; max-witdh: 100%;">
</td></tr><tr><td align="left" valign="top"><font color="blue">安否(*)</font>
</td>
<td align="left" valign="top">
<input type="radio" name="come" class="radio" value="1.安全・無事" <?php if (isset($_POST['come']) && $_POST['come'] == "1.安全・無事") echo 'checked'; ?>>1.安全・無事
<br>
<input type="radio" name="come" class="radio" value="2.否" <?php if (isset($_POST['come']) && $_POST['come'] == "2.否") echo 'checked'; ?>>2.否
<br>
<input type="radio" name="come" class="radio" value="3.安否不明" <?php if (isset($_POST['come']) && $_POST['come'] == "3.安否不明") 
echo 'checked'; ?>
>3.安否不明
<br></td></tr></table><br clear="all">
<button name="submitted" type="submit" class="btn btn-primary">Send</button>
</form><br><hr><font size="1"><p>
The reporting template was provided charge free by NES Corporation for "AmpiTa" (Versatile Emergency Communication System / AmpiTa-Project). [220903]
</p></font></body></html>




登録フォーム自動生成

 AmpiTaには、登録用ウェブフォームを自動生成する機能が標準搭載されています。

 AmpiTaのメイン画面から、基本設定を選択してメールアカウント等を設定する画面に進みます。
 さらにそこからウェブ自動生成へと進みます。

 自動的に雛形が適用されますので、参考にしながら改編して頂ければと思います。


 送信先を設定します。

 ここで設定した内容は暗号化されて保存されますので、次回以降も使えます。

 ページタイトルと簡単な説明文を入力します。


 登録フォームの見出しを決定します。自由に入力できるテキスト入力欄です。
 ユーザーインターフェイス(UI)ではラベルとして表示されますので、UIで改編されることはありません。

 UIでどのような方法で入力するのかをドロップダウンリストから決定します。

  • 文字入力(テキスト入力)
  • ボタン選択(ラジオボタン入力)
  • 自動入力(入力不要)

 実際には上記以外に、当該項目を使用しない選択も可能です。


 次の入力欄は、前述のドロップダウンリストで選択した内容によって対応が異なります。

 文字入力(テキスト入力)を選択した場合、ここはプレースホルダーとして表示する文字を設定します。プレースホルダーとは、画面表示時に灰色で薄っすらと表示される説明文字です。空欄でも機能します。

 ボタン選択(ラジオボタン入力)とした場合、ここでは選択肢を候補していきます。
 半角カンマ(,)を入力すると区切られ、カンマのあとに次の項目を入力します。
 安と否だけであれば『安,否』で終わりです。『男,女,無回答』『10歳未満,10歳代,20~30歳代,40歳以上』のように選択肢の数は問いません。

 右端の項目は必須入力とするか否かを決定します。チェックマークありの場合、その項目が空欄のまま送信されるとエラーを返します。
 必ず欲しい情報は必須としておいても良いですが、電話番号など必要性が低かったり答えたくない人が居る可能性のある項目は必須とすべきかどうか検討します。


 すべての項目を入力した上で発行処理を実行すると、出力先フォルダを要求されます。

 指定したフォルダへウェブファイル群が自動的に出力されます。

 ファイル群をウェブサーバへアップロードすると作業は完了します。




個人専用登録フォーム手前ページ自動生成

概要

 AmpiTaの登録用ウェブフォームには『自動入力』を選択する機能があります。

 自動入力とは、その1つ前の操作で作られたデータを、自動的にフォームの該当項目に入力する機能です。

 フォーム側の作り方によって編集可能な自動入力と、編集不可能な自動入力があります。

 手前ページでは下図のようなボタン1つのHTMLファイルを使います。
 この例では『西門義一』という名前が仕込まれており、次のページに行くと氏名が入力されています。
 このHTMLファイルを経由せずに自動入力専用フォーム(PHPファイル)を開くと下図のように氏名欄が空欄となります。重複登録回避や成りすまし対策として利用できます。
 

送り側(HTML)
受け側(PHP)

操作

 ウェブサイト生成機能から、個人用ウェブページを編集するタブを選択します。

 ここで出力設定したのち、名簿を読込むことで個人用の HTML ファイルを自動生成します。


ページタイトル

 個別のHTMLファイルを生成した際に、共通のタイトルを付けるか、個人別に変えるか選択できます。


ボタンラベル

 画面に唯一設置されるボタンについて、そのラベルを何という言葉にするか決定できます。


リンク先URL

 ボタンを押したときに開かれる先にあるフォームのURLを指定します。


出力HTMLファイル名

 出力されるHTMLファイルのファイル名を指定します。
 自動番号にすると生成順に数字が付与されます。
 職員IDなどを選択しておくと配布しやすく、本人も識別しやすくなります。
 漢字やカタカナを使うと、サーバで上手く動かないことがあります。


二次元コード対応

 HTMLファイルを公開する場合、そのファイル公開先のディレクトリが決まっていればURLを記入します。

 ここで入力したURLの後ろに個人別のファイル名+ .html が付き正式なURLになります。そのURLを何らかのQRコード生成システムにインポートすることでQRコードが作れます。

 結果はCSVファイルにエクスポートされます。


名簿読込

 CSVファイルで作成された名簿を読込みます。

 読込前にCSVファイルの調整をお願いします。
 読込順はCSVファイルの左列から順番です。最左列を設問1の回答としますので、例えば設問1が氏名であればCSVの最左列に氏名をいれておきます。
 設問2が出欠や可否などの個別回答であれば、第2列は空白にしておきます。
 設問3が所属であれば、第3列に所属が来るように調整します。

 このようにCSVファイルを調整しておくことで、あとは自動的に読み取って処理します。

 名簿読込とHTMLファイルの出力に要する時間は、3,000人分で3秒未満です。準備には一定の手間が掛かりますが、準備が整えば何千人分でも数秒で個人別HTMLファイルを用意できます。




ウェブファイルのアップロード
FTP転送ソフト

 実施する内容はレンサバのファイルマネジャの場合と大差はありません。

 転送ソフトを使うとログインの手間が省けたり、ドラッグ&ドロップでもでもアップロードできるので、作業効率の向上が期待できます。

【参考】窓の杜:WinSCP




ウェブファイルのアップロード
AmpiTa搭載機能

 AmpiTaには必要最小限ではありますが、FTP転送機能が備わっています。

 ウェブフォームの自動生成機能で使った操作画面(GUI)と同じ画面を開き、ウェブサーバのタブを開きます。具体的には、AmpiTaのメイン画面から基本設定を選択してメールアカウント設定画面に進み、さらにそこからウェブ生成画面へと進みます。

 すると、下図のような表示になりますので、最上段の枠に注目してください。

  • アカウント(User ID)
  • パスワード(Password)
  • FTPサーバ名(Host)
  • 転送先初期フォルダ(ディレクトリ)
  • アスキーモード/バイナリモード
  • パッシブモード/アクティブモード

 4つのテキスト入力と、2つのチェックボックスが設定項目になります。

 入力内容は、レンタルサーバから案内があった内容になります。

【参考】さくらインターネット:ファイル転送ソフトを設定したい(ライト・スタンダード・プレミアム)

【参考】X server:FTPソフトの設定

【参考】LOLIPOP:各種FTPソフトの設定方法




ウェブファイルのアップロード
レンタルサーバ標準

 準備不要でファイルをアップロードする方法として、レンタルサーバが提供するファイル管理システムを利用する方法があります。

 ご契約先により方法が異なりますので詳細は各社サポートに委ねますが簡単に説明します。

 さくらインターネットの場合『レンタルサーバ コントロールパネル』にログインすると数が表示されます。
 この中にある『ファイルマネージャー』をクリックするとファイル群を管理する画面が表示されます。


 表示された画面では『www』というディレクトリ(フォルダ)を基準としています。

 さくらインターネットの場合、契約者に与えられたサーバエリアの内、『www』というディレクトリ(フォルダ)の下がウェブサーバになります。このディレクトリ(フォルダ)にファイルを置くとURLと紐づけられます。


 そのディレクトリ(フォルダ)を右クリックして『アップロード』を選ぶとファイル群をアップロードできます。

 この『www』に雑にファイル群を置くとアクセスしづらくなるので、例えば『disaster』のようなディレクトリ(フォルダ)を作って、そこにファイル群をアップロードすると識別しやすくなります。
 ただし、あまり細かく分けていくとURLが長くなります。契約が『ampita』であった場合、『www』に置いたファイルは『http://www.ampita.sakura.ne.jp/』の直下に置かれます。ファイル名が『an-pi.php』であれば『http://www.ampita.sakura.ne.jp/an-pi.php』になります。『disaster』の下に置けば『http://www.ampita.sakura.ne.jp/disaster/an-pi.php』になります。

【参考】さくらインターネット:ファイルマネージャーを利用したい

【参考】さくらインターネット:初心者の方へ ホームページ公開までの流れを説明します




災害モードウェブサイト生成

基本

 ウェブサイト生成画面のタブに災害モードがあります。

 その画面で編集した結果は HTML ファイルとして出力されます。
 テキストしか入力できないので、画像は原則的には使いません。相当数の文字を使っても数キロバイト程度のファイルになります。

 『ページタイトル』には、そのウェブサイトのタイトルを入れます。例えば『○○病院公式(災害モード)』などです。

 本文には、アナウンスしたい内容を記載します。

 下段にある『リンク(テキスト)』と『リンク(URL)』は入力することで、リンクを張る事ができます。
 仕上がりとしては、本文ページの下に水平線(HR)が入り、その下にフッターのようにテキスト欄に入れた文字が表示され、その文字に URL で指定したリンクが内包されます。


便利機能

 便利機能が右上ボタンから利用できます。

 『リンクタグ埋込』を押すと下文が挿入されます。

<a href="●←黒丸間にURL(ダブルクォーテーションは消さない)→●" target="_blank">◆←菱形間に表示文字→◆</a>

 この分の黒丸と菱形は消去することになりますが、この2つの記号間にテキストとリンクURLを入れます。
 HTMLタグなので、わからなければ使わないという方法も取れますが、とりあえず使ってみて仕上がりを確認しながら調整するという方法がお勧めです。

 もう1つの便利機能に『雛形読込』というものがあります。
 AmpiTaに用意された雛形を代入して利用します。


保存

 ドロップダウンメニューから災害モード設定保存を選択すると、現在の状態を保持する事ができます。

 保存先はセットアップ関連のファイルが保存されているフォルダです。
 暗号化していません。隠しファイルでもありません。誰もが読むことができる可視ファイルです。


保存呼出(読込)

 ウェブサイト設定画面表示時に自動的に読み込みます。ボタン操作などで読み込む機能はありません。

 予め制作しておいたファイルを読込んで使いたい場合は、設定画面を開く前に所定の位置に、所定のファイル名で保存してください。




災害モードウェブサイトサンプル

 災害時にウェブサーバの負荷を軽減しダウンを回避する策としてテキストデータ中心の『災害モード』を提供することがあります。

 AmpiTaには、災害モードのウェブサイトを制作する支援ツールが搭載されています。

 下図のサンプルが2KB程度です。文字数による多少の増減は生じますが数キロバイト程度です。

【参考】災害モードウェブサイトサンプル




登録フォームサンプル

 ここではAmpiTaで制作できる情報登録フォームのサンプルを提供しています。
 リンク先で画面を確認することができます。送信機能も備わっていますので実際にご使用環境で送信できるかも確認が取れます。



サンプル

安否確認(1)

 シンプルな安否確認の登録フォームです。

 入力欄は氏名と安否だけです。この2項目は必須のため*表示が付いています。

サンプルページ(PHP)


安否確認(2)

 シンプルな安否確認の登録フォームです。

 入力欄は氏名と安否の必須2項目と、任意でコメントをテキスト入力できます。

 情報量が増えることをメリットと考えるか、管理が面倒になるデメリットと考えるかでコメント欄の有無をご検討ください。

サンプルページ(PHP)


自治会・町内会・地域コミュニティ

 地域コミュニティの特徴は、『安全』を知る事と同時に、連絡がない人の『安/否』を戸別訪問して確認できる距離感にあります。

 また救助要請も出せるようにはなっていますが、救助が必要な状況でスマートフォンを手元に持っているのかが難しいところではあります。

 住所・所在地の表示にも特徴があり、細かな住所を示すよりも『2班の河野です』という方がわかりやすい場合もあります。

サンプルページ(PHP)


自治会・町内会・地域コミュニティ(英語版)

 外国語で入力すれば、外国語版が作れます。

 AmpiTaが自動変換する訳ではありません。Google翻訳などをご利用ください。

サンプルページ(PHP)


参集確認(1)

 参集確認フォームの基本形です。

 登録項目は任意で変更可能ですので、組織に合った内容に編集されるべきですが、概ねこのあたりの情報が収集できると良いのではないかという例を挙げています。

 参考として自動入力用のページサンプルも用意しています。自動入力されますが、編集は可能です。

サンプルページ(PHP)

サンプルページ(自動入力手前HTML)


参集確認(2)

 氏名の入力を行わずに済むようにしてあるフォームです。

 手入力ができないため、なりすましの防止に役立つと考えられます。

 また、ICTリテラシーの低い方々へも利便性向上の策として提供できると考えます。

 リンク先は参集確認になっていますが、安否でも研修出欠でも何でも対応しています。

サンプルページ(PHP)

サンプルページ(手前HTML)


救援申出・受援受付

 シンプルな安否確認の登録フォームです。

 入力欄は氏名と安否だけです。この2項目は必須のため*表示が付いています。

サンプルページ(PHP)


外来来院可否

 化学療法やインシュリン注射など定期通院する患者を主な対象と考えていますが、特に対象を絞る必要はなく各院の事情に合わせて対応できます。

サンプルページ(PHP)


透析外来可否

 通院サイクルが固定化されている透析患者用に作った登録フォームです。

 非常事態により平時の連絡先が使えない可能性もあるので電話番号欄を設けています。

サンプルページ(PHP)


支援透析アンケート

 支援透析の出番となると相当に大きな災害であると考えられますが、支援透析を実施する際に課題となる『移動』についてのアンケートフォームを制作しました。

 支援透析の受入施設側では、最終透析日が欲しい情報であると、過去に実施した施設からは聴きます。
 ダイアライザや針などは用意できた物で実施させてもらうが、優先順位や除水量をどう考えるべきかというときに、最終透析日は重要な要素になるようです。

サンプルページ(PHP)


会場アンケート Yes/No

 YesかNoかの二者択一のアンケートです。

サンプルページ(PHP)


リアルタイムQuiz

 ○か×かの二者択一のクイズです。

サンプルページ(PHP)


アンケート(A/B/O/AB)

 4択のアンケートです。

サンプルページ(PHP)


研修参加事前アンケート(出欠)

 院内研修会などの事前参加登録です。

 特に病院では2交代/3交代勤務で1回の研修では全員参加は無理であるため、複数日開催がよくあると思いますが、どの日に参加するかを調査することもできます。

サンプルページ(PHP)


研修事後アンケート

 研修会等の事後アンケートです。

 サンプルでは匿名タイプなので個人名などを入れる欄がありません。

サンプルページ(PHP)


健康観察(1)

 こと細かに健康状態を聞き出すようなタイプのフォーマットです。

 健康状態が良く無さそうな場合には良いかもしれませんが、健康な社員向けの毎日の健康観察であればくどいと思います。

サンプルページ(PHP)

サンプルページ(自動入力手前HTML)


健康観察(2)

 非常にシンプルな健康観察アンケートです。

 体調が悪ければ別途連絡するルールは必要ですが、COVID-19流行以前から、体調が悪ければ上司に連絡して休暇を貰うというのは当たり前でしたので、連絡手段はあると思います。

 このフォームでは原則的に、全員が『元気です』と返してくることを想定しています。

サンプルページ(PHP)

サンプルページ(氏名自動入力用PHP)

サンプルページ(自動入力手前HTML)




仕様

動作環境(一般ユーザー・安否確認対象者)

  • ウェブブラウザが使える情報端末
  • インターネット通信

 登録フォームはウェブブラウザ上にウェブサイトとして表示されるため、マルチデバイス対応となっています。パソコンはWindowsでもMacでも、スマホはiOSでもAndroidでも、動作させることができます。念のため、平時の訓練で動作をご確認ください。

 インターネット通信は、登録フォームを表示するために10KB程度、安否情報を送信するために10KB程度の通信が行われることが想定されます。


動作環境(管理者・AmpiTa.exe)

  • パソコン(Windows)
  • インターネット通信

 パソコンはEXEファイルが動作する環境が必要であり、Windows(OS)を想定して開発しています。

 インターネット通信は、平時においては初期設定やウェブサイト公開など短時間に少量の通信を実施します。
 発災時は安否登録された情報が送られてくるため、1通10KB程度を報告数分、100人の組織であれば100通×10KBで1MB程度の通信が行われることが想定されます。


一般ユーザー管理者
情報端末マルチデバイスWindowsパソコン
動作ファイルPHP(ウェブ上)EXE(ローカル)
通信インターネットインターネット


ウェブサーバ

  • ウェブサイトとして公開できるウェブサーバ
  • ウェブサイトとして公開できるURL(アドレス)

 登録フォームに関係するウェブファイルは数個ありますが、合計で50KBに満たない程度です。このファイルを置く事ができるウェブサーバが必要です。
 ブラウザでアクセスするためのURLも必要になります。我々は『さくらのレンタルサーバ』を使っています。この契約1つでウェブサーバの要件と、メールサーバの要件を満たします。

【参考】さくらのレンタルサーバ


メールサーバ

  • POP接続できる汎用メールアカウント

 POP接続できるメールアドレスがあれば概ね問題ないと思われます。平時は使われない、非常時にだけメールが飛んでくるような専用アドレスが望ましいです。

 前述の『さくらのレンタルサーバ』を契約すれば、メールアドレスは無制限で作る事ができます。
 例えば『saigai_message@xxxxxx.sakura.ne.jp』というようなアドレスを作れます。
 @の前は自由に設定できます。@の後ろのxxxxxxには契約時に決定した英数字が入ります。その後ろは既定値です。

 なるべく@の前は長い方が迷惑メールが届かないと思います。

【参考】さくらのレンタルサーバ




利用規約(EULA)

 本ソフトウェア(AmpiTa)の利用に関する条件については下記リンク先をご参照ください。







お問い合わせはお気軽にどうぞ